【CSA LOOP】Microbe Natural Farmers×NOG COFFEE ROASTERS 品川

feature

困った時は助け合い、嬉しい時は分かち合う。
CSA LOOPとは、野菜と堆肥の資源循環をおこなうと同時に、
消費者と農家、拠点となるカフェなどで、人と人が交流しながら、
持続可能な循環する場と営みをつくっていく仕組みです。
都内十数ヶ所ある拠点で、毎月行われている「野菜の受け渡し」の様子から
普段のCSA LOOPでの交流を覗いてみましょう!

  • Photo:

    Mana Hasegawa

  • Text:

    Mana Hasegawa

農家|Microbe Natural Farmers

プロフィール
Microbe Natural Farmers|追立昭博さん
神奈川県大和市、藤沢市、茅ヶ崎市の3市で、野菜・ハーブを育て販売している追立さん。
除草剤・農薬・化学肥料は使わず、土と命の繋がりを大事にしている。『Microbe(マイクローブ)』とは『微生物』という意味。土の中にいる微生物のおかげで、野菜が実るように。「土はみんなのたからもの」をコンセプトに、野菜を通した人との繋がりを育てている。

HP
Instagram



↓農家さんのお人柄、畑の様子も分かる関連記事もぜひ、一緒にご覧ください!
土のにおいに誘われて|Microbe Natural Farmers

2024年1月「野菜の受け渡し風景」

北品川駅を降り、下町の情緒ある雰囲気が残る「北品川本通り商店街」を抜け、屋形船も並ぶ川沿いを少し歩くこと5分。品川近辺の忙しなさを感じさせない、どこか懐かしさと新しさの混じった街の中に、『NOG COFFEE ROASTERS 品川』はあります。

ここ、スタイリッシュで落ち着いたカフェ『NOG COFFEE ROASTERS 品川』がMicrobe Natural Farmersの野菜受け渡し拠点です。

CSA LOOPの会員さんでなくても買えるよう、販売用の野菜も準備してくれています!



新年初めの受け渡しは、追立さんと会員さんの「今年もよろしくお願いします!」の挨拶から始まりました。今月の野菜の一つ、“菊芋”を追立さんが渡すと、「去年食べた“菊芋”、美味しかったです!今年もまた食べられるのが嬉しい」と会員さん。

継続して同じ農家さんから、直接野菜を受け取れるからこその会話も生まれていました。CSA LOOPの魅力の一つは、農家さんに直接『美味しい』を伝えられること。農家さんもまた、食べてくれる人の顔を思い浮かべながら野菜を届けてくれるます。

この日は近くの学校帰りに、息子さんと一緒に野菜を受け取りにきてくれた会員さんの姿も。



マイバックが野菜でいっぱいになるのは、CSA LOOPお馴染みの光景!

「これは岐阜赤カブ。岐阜とか飛騨地方の赤カブで、漬物に向いています。だけど、焼いても美味しい!煮ると真っ赤になっちゃうから、皮は向いた方がいいかも。一回しゃぶしゃぶをしたら、お湯がピンクになっちゃいました」

野菜一つひとつ渡しながら、名前と特徴、おすすめの食べ方も一緒に伝えてくれる、追立さん。初めて見る野菜は食べ方に戸惑いますが、農家さん直伝の美味しい食べ方やコツを聞くと、安心して試してみたくなりますね!
野菜についてご自身で色々調べているとのことで、初めて聞く豆知識も教えてくれます。野菜のラインナップは、リストをメールで送信してくれるのでうっかり名前を忘れてしまっても、安心です!

Microbe Natural Farmers「1月の野菜ラインナップ」
1.打木源助大根
2. 岐阜赤カブ
3. 菊芋
4.ミニチンゲンサイ
5.ケール
6.かつお菜
7.カーボロネロ
8.じゃがいも(デジマ)
9.ミニ白菜

『NOG COFFEE ROASTERS』の隣にある、デザイン事務所で働く方もよく野菜を買ってくれるそう!


デザイン事務所のお客さんから美味しそうなお土産をもらって、にっこりの追立さん



今年は昨年からやりたいと仰っていた、「みんなで育てて運営していく畑」もスタートできたら、とのこと。より畑での交流が生まれる場になりそうです。これからの動きもとても楽しみですね!


拠点|NOG COFFEE ROASTERS 品川

プロフィール
NOG COFFEE ROASTERS|ロースタリーカフェ
レストランやカフェに限らずコーヒーを必要とする企業へ、自家焙煎のスペシャルティコーヒーの卸販売を行う。他にも、業務用機器の販売、運用サポートなどの事業を軸に、現在3店舗のカフェを運営。
一部のコーヒー豆を自社で輸入し、顔の見える生産者から生豆を仕入れている。『美味しいコーヒーをもっと普通に』をコンセプトに、1杯のコーヒーを届けるだけではなく、コーヒーを通した新たなコミュニティの起点となり、人々の繋がりと生活の豊かさをつくりだすことを目指している。

HP
Instagram
住所:東京都品川区東品川1-5-10



閑静な住宅街の中に現れる『NOG COFFEE ROASTERS 品川』。テイクアウトのお客さんも多く、コーヒー好きの近所の方の生活にも馴染んでいます。隠れ家的な雰囲気もありながら、スタイリッシュでゆったりとした店内は、美味しいコーヒーとともに、ついつい長居したくなってしまう!

そんな、感度の高い人、地域の方からも人気のロースターカフェ『NOG COFFEE ROASTERS』の野口さんにメッセージをいただきました。


野口さんはじめ、スタッフ皆さんの気さくで明るい笑顔が迎えてくれます!


CSA LOOPの拠点になったことでお店への変化や印象的な交流エピソードはありますか?



「Microbeの追立さんの農園は自分の地元にあります。初めてお会いした時はその出来事が印象的でした。地元にいる頃は畑を一緒くたに「畑」として見ていましたが、CSA LOOP、追立さんを通して想いを持って農業されている方もいるのかと知りました。きっとお客様もそういった想いに共感されて購入されているのかと思います。
お客様からは、『どうせ買うならいい野菜を買いたい』、『たまには贅沢な旬の野菜を味わいたい』、『無農薬とか漠然と興味はあるけれど、こうやって対面で受け取れるのは安心感があって嬉しい』、というコメントをいただいて

特にスーパーや八百屋で見かけるけどわざわざ買わないよね、みたいな。言うなればレアにも感じる、旬のお野菜をいただけるのも好評なようです。追立さんから美味しい食べ方を聞いて試してみたよ、なんていう声もあり、けして広いスペースではないのですが、やはりコーヒー屋として地域のハブでありたいとは思いますので、CSA LOOP、Microbe Natural Farmersさんと共に地域のちょっとした豊かさに貢献できているのかな?と嬉しい気持ちにしていただいております。いつもありがとうございます!」


↓野口さんの人柄も分かる関連記事もぜひ、一緒にご覧ください!
末永いお付き合い|『NOG COFFEE ROASTERS』野口航太さん


日曜日のブランチ、お散歩がてら『NOG COFFEE ROASTERS』の美味しいコーヒーとスイーツをいただくも良し。追立さんから新鮮な野菜を受け取り、おすすめレシピを試す休日。そんな休日を月一のご褒美に過ごすのも、また“豊かな時間”になりそうですね!



CSA LOOPとは、CSA(地域支援型農業)とLOOP(食循環)を掛け合わせた新たな仕組みです。野菜と堆肥の資源循環をおこなうと同時に、消費者と農家、拠点となるカフェなどでの人と人の交流、持続可能な循環する場と営みをつくっていく場所です。
「CSA LOOP」の詳細はこちらから!

CSA LOOPの会員募集などの新情報は随時、Instagram、またはこちらのメディア記事で更新していきます。ご興味ある方はぜひ、フォローしてお待ちいただけると嬉しいです!



CSA LOOPという営み
59POST
読む記事の連載