【CSA LOOP】NaZami×COVE COFFEE ROASTERS

feature

困った時は助け合い、嬉しい時は分かち合う。
CSA LOOPとは、野菜と堆肥の資源循環をおこなうと同時に、
消費者と農家、拠点となるカフェなどで、人と人が交流しながら、
持続可能な循環する場と営みをつくっていく仕組みです。
都内十数ヶ所ある拠点で、毎月行われている「野菜の受け渡し」の様子から
普段のCSA LOOPでの交流を覗いてみましょう!

  • Photo:

    Mana Hasegawa

  • Text:

    Mana Hasegawa

農家|農園NaZemi

プロフィール
農園NaZemi|鶴岡妙子さん
千葉県の最南端、南房総市と館山市で農業を営んでいる。【Na】=上、【Zemi】地面、国、地球を表すチェコの言葉が農園名の由来。大地の上に立つことは、国、地球の上に立つこと。大地を耕すことは、国、地球を耕すこと。化学的な農薬・肥料を使用せず、できるだけ固定種・在来種を中心に種を継ぎながら野菜を育てている。

HP
Instagram

↓農家さんのお人柄、畑の様子も分かる関連記事もぜひ、一緒にご覧ください!
土のにおいに誘われて|NaZami

2024年1月「野菜の受け渡し風景」

オフィス街のイメージの強い、東京都品川区。その印象を良い意味で裏切る、荏原町駅の周辺は、商店街が広がり、どこか懐かしさも感じる街並みが広がっています。農園NaZemiの野菜受け渡しの拠点は、そんな荏原町商店街・縁日通り沿いにある『COVE COFFEE ROASTERS』です。

木の温もりを感じる店構えに、ゆったりとした店内。ベビーカーも入れる店内は、お子様連れの親子でも落ち着いて美味しいコーヒーやフード、お菓子をいただけます。
お天気の良い日は、店先で野菜の受け渡しの他、農園NaZemiの野菜販売会も行っています。

取材の日はあいにくの雨。『COVE COFFEE ROASTERS』山本さんのお気遣いで、店内でお渡しとミニ販売会に


会員さんの息子さん(左)と農園NaZemi・鶴岡さんの娘さん(右)。歳も近く、仲良しな2人



毎回の受け渡し日は、鶴岡さんご夫婦と娘さんでいらっしゃるとのこと!無邪気で元気、人見知りしない娘さんのおかげで、その場がパッと明るくなります。

CSA LOOPの拠点コンシェルジュ・タカベさんは、年の近い息子さんと野菜を受け取った後、鶴岡さんと娘さんと一緒にコーヒーとケーキ、フードを食べながらお話しする姿も。年が近いお子さんを持つお母さん同士、お話しされる様子はまるで友達のよう。
他にも同い年くらいの息子さんと一緒に受け取りにくるお父さんもいらっしゃり、『COVE COFFEE ROASTERS』のコーヒーやフードをテイクアウト。毎月の野菜受け渡しとともに、カフェと農家さん、会員さんの自然な交流が生まれていました。

野菜リストとともに、野菜の特徴や食べ方もお伝えしながら受け取れます



鶴岡さんの旦那さんが束ねた、野菜と畑のお花ブーケ!



農業を始める前までチェコで働いていたという鶴岡さんらしい、野菜のラインナップも特徴です。この日は、「ルタバガ」というキャベツとカブの仲間も!一般的なサイズよりも一回り大きく育った「ルタバガ」は、食べ切りやすいように半分にカットして渡してくれました。

NaZami「1月の野菜ラインナップ」
1. 大根
2. 紅芯大根
3. 葉玉ねぎ
4.キャベツ
5.かぶ
6.ルタバカ

スウェーデンかぶとも呼ばれるアブラナ科の西洋野菜「ルタバガ」



「CSA LOOPの会員さんだけではなく、商店街を歩く近隣にお住まいの方も第3日曜日に野菜販売会があることを知って、来てくれるようになりました」と鶴岡さん。ただ、まだまだ会員さんとの交流の仕方に悩むことも多いそうです。

「CSA LOOPの会員となって、どんなことを楽しみにしてくれているのかを知りたいですね。人によってさまざまだと思いますが、もっと畑に行ってみたい!とか、もっと会員さん同士で交流したい!とか。それとも、美味しい野菜が受け取れれば満足なのか…。そういう声をもっと実現できるように探っています」

ぜひ、鶴岡さんと一緒にしてみたいことがあれば、どんどん話してみてくださいね!

人、野菜、自然。分け隔てなく接する鶴岡さんの野菜はのびのびとおおらか。ぜひ手にとって味わってみてください!



拠点|COVE COFFEE ROASTERS

プロフィール
COVE COFFEE ROASTERS|ロースタリーカフェ
コーヒーはスペシャルティコーヒー豆から厳選。産地の味を生かした自家焙煎のコーヒーと手作りお菓子のペアリングが楽しめる。お菓子の他、ホットサンドやチリドッグも人気!子ども連れやベビーカーの入店も安心のゆったり店内は、親子でもリラックスして過ごせる。
カフェ営業の他、開業にまつわるサポートや抽出トレーニングも行っている。

HP
Instagram
住所:東京都品川区中延5-13-15



農園NaZemiの受け渡し拠点は、東京都品川区・荏原町駅が最寄りの『COVE COFFEE ROASTERS』。お店に入ると、開放的な大きな窓から商店街の街並みが眺められます。木の温もりを感じるインテリアとともに、ゆったりと気持ちよく過ごせる空間が広がっています。
お一人さまから家族連れのお客さんからも人気カフェのオーナー・山本さんからメッセージをいただきました!

『COVE COFFEE ROASTERS』オーナー・山本さん(左)、鶴岡さんご夫婦

CSA LOOPの拠点になったことでお店への変化や会員さんとの交流エピソードはありますか?



「お店の前で、受け渡しと野菜販売会していただいているのですが、そうすると普段は足を止めなかったお客さんにも気がついてもらえる気がします。コーヒーに興味のなかった人がお店に来てくれるようになると、コーヒー屋としてとても嬉しいです。
鶴岡さんの娘さんと、会員さんの息子さんがとても仲良しで。いつも野菜を受け取った後に、一緒にお茶をして帰ってくれたり、会員さんと「次は何の野菜かな?」とか話したりするんです。みんなが毎月同じことを楽しみにしている、というのは素敵なことですよね!
NaZemiさんを見て、お店の前でイベントをやりたいと行ってくれる人も増えました。最近だとお花屋さんが店先でイベントしてくれ、お店としても嬉しい変化です」

鶴岡さんの娘さんとも仲良しな山本さん。お子様メニューやドリンク、随所に細やかな気遣いを感じます。きっと、毎月の野菜の受け取りだけではなく、ゆったりと日曜日を過ごしたくなるような場所になるはずですよ!

ハンドドリップ教室やワークショップイベントも行っています。『COVE COFFEE ROASTERS』のInstagram投稿も要チェック!




CSA LOOPとは、CSA(地域支援型農業)とLOOP(食循環)を掛け合わせた新たな仕組みです。野菜と堆肥の資源循環をおこなうと同時に、消費者と農家、拠点となるカフェなどでの人と人の交流、持続可能な循環する場と営みをつくっていく場所です。
「CSA LOOP」の詳細はこちらから!

CSA LOOPの会員募集などの新情報は随時、Instagram、またはこちらのメディア記事で更新していきます。ご興味ある方はぜひ、フォローしてお待ちいただけると嬉しいです!



CSA LOOPという営み
59POST
読む記事の連載