【CSA LOOP】オーガニックファーム所沢農人×RAD BROS CAFE

feature

困った時は助け合い、嬉しい時は分かち合う。
CSA LOOPとは、野菜と堆肥の資源循環をおこなうと同時に、
消費者と農家、拠点となるカフェなどで、人と人が交流しながら、
持続可能な循環する場と営みをつくっていく仕組みです。
都内十数ヶ所ある拠点で、毎月行われている「野菜の受け渡し」の様子から
普段のCSA LOOPでの交流を覗いてみましょう!

  • Photo:

    Mana Hasegawa

  • Text:

    Mana Hasegawa

有機農家|オーガニックファーム所沢農人

プロフィール
オーガニックファーム所沢農人(のうと)|川瀬悟さん
旬のおいしい野菜を通して、所沢の畑から皆さんの食卓までが有機的につながる野菜作りを行っている。栽培方法は、化学合成肥料・農薬を使用しないオーガニック(有機)。
小さい子どもから大人までが、風味、色味など五感をフルに使って“おいしい”を実感できる野菜を畑から食卓に届けている。

HP
Instagram



↓農家さんのお人柄、畑の様子も分かる関連記事もぜひ、一緒にご覧ください!
土のにおいに誘われて| オーガニックファーム所沢農人

2023年12月「野菜の受け渡し風景」

東京・高円寺駅北口から中野方面へ歩いて10分ほど。「座・高円寺」という劇場の前を通り、環七を越えた高架沿いにある『RAD BROS CAFE』の店先で、オーガニックファーム所沢農人(以後・所沢農人)の野菜販売と受け渡しがあります。

商店街が多く、個性的なお店も多い高円寺。街を歩く人の年齢層も幅広い印象。自転車で通った人、道を歩く人も所沢農人の野菜に興味津々です!

店頭販売もされています!CSA LOOPの会員さんでなくても、野菜を購入できますよ。



ニンジンから伸びる、新鮮な葉っぱ!川瀬さんの野菜は、どれも葉っぱまで美味しそう。

「川瀬さんのニンジンジュースが美味しくて、リピートです」そう言って野菜とともに購入するお客さん。「次はいつくるの?」と向かいにお住まいの方。CSA LOOPの会員さんだけではなく、近所の方も所沢農人の野菜を楽しみにしているよう!

カフェのテラスでは、CSA LOOPの拠点コンシェルジュ・ミツハシさんもいらっしゃり、会員さんと一緒にコーヒーを飲まれたり、カフェのスタッフさんが野菜を買っている姿があったり。街の人、CSA LOOPの会員さん、拠点のカフェの皆さんが所沢農人の野菜で緩やかに繋がっていました。

野菜ごとにおすすめの食べ方を話す、川瀬さん。



「ニンジンの葉っぱも美味しいから、試しに食べてみて!」「春菊はまず、火を通さずにそのままで味わってみてください!」野菜そのままの美味しさを味わえる、食べ方の提案もしてくれます。育てた本人からのおすすめは、ついつい試したくなりますね!

「ニンジンの葉っぱが欲しい、というお客さんの声も多いです。話を聞くと、買っているうさぎに食べさせたいと。前に、飼っているカタツムリに小松菜を食べさせたい、というお客さんとも会ったことがあります。有機野菜だから、ペットにも安心して食べてもらえる。特に動物や小さいお子さんは野菜の味に敏感だし、反応も素直ですよね」

毎月の野菜受け渡し時に川瀬さんがつくっているお便り。裏面には野菜のラインナップが一覧になっています!



毎月作成しているという「Note 農人」。野菜や畑の様子、マルシェの出店情報などが川瀬さんの言葉で綴られています!裏面には、その月の受け渡し野菜のラインナップが一覧に。どうやって食べたら美味しいのかが野菜の名前と一緒に記載されており、細かいところまで川瀬さんの思いやりと野菜への愛を感じます。

オーガニックファーム所沢農人「12月の野菜ラインナップ」
1.コールラビ
2.レタス
3.カブ
4.白菜
5.さつまいも
6.ニンジン
7.菜花
8.カラー大根
9.里芋(Mサイズ)
10.ケール(Mサイズ)
11.藤色水菜(Lサイズ)
12. ジャガイモ(Lサイズ)


リュックや自転車のカゴから飛び出すニンジンの葉っぱ。皆さんの後ろ姿がとても愛らしかったです。



所沢農人では定期購入や農業活動を支援してくれる方(サポーター)を募集されています。最近、サポーターさんと一緒に家庭用コンポスト基材の販売を進めるなど、CSA LOOPの会員さんのみならず、野菜を通した人との交流も活発な印象です!興味のある方は、所沢農人さんのHPやInstagramもぜひ、チェックしてみてください。

拠点|RAD BROS CAFE

プロフィール
RAD BROS CAFE|コーヒースタンド
個性と人情の溢れる街・高円寺にて、2021年8月にオープン。ショーケースに並ぶスイーツは店内でつくられた手づくり。コーヒーとスイーツのマリアージュが楽しめる。「地域の方達と“兄弟”のような強い繋がりでいたい」という想いの通り、毎日でも通いたくなる、街のコーヒースタンド。

HP
Instagram
住所:東京都杉並区高円寺北1-4-2



所沢農人の受け渡し拠点は、カフェの「RAD BROS CAFE」。白衣を着たスタッフさんにコンクリートと白い空間は、どこかラボを彷彿とさせる洗練されたコーヒースタンド!
コーヒーに合う、旬の果物や野菜を使ったグルテンフリーのスイーツも人気です。そんな人気カフェの店長・阿曽さんに、メッセージをいただきました!

所沢農人の川瀬さん(左)と「RAD BROS CAFE」店長・阿曽さん(右)

CSA LOOPの拠点になったことでお店への変化や印象的な会員さんとの交流エピソードはありますか?

「店内で使用しているサトウキビストローやコーヒー豆を川瀬さんにお渡ししています。そういった循環を通して、環境に配慮した取り組みができていることはコーヒーを届けるお店としても良いことだと思います。
お店ではグルテンフリーのスイーツをつくっています。食べ物や健康に関心のある人は、川瀬さんのオーガニック野菜にも興味を持ってくれる。お店と有機野菜の親和性を感じています」



「RAD BROS CAFE」ではコーヒーやスイーツのテイクアウトもできますよ!毎月の野菜受け渡しの日は、季節の野菜と一緒にコーヒーとスイーツを楽しむのはいかがでしょうか?

“RAD”=素晴らしい、最高といった意味合い。“BROS”=ブラザーの略。地域の人々にとっての兄弟でいたい、という想いがお店の名前にも込められている




CSA LOOPとは、CSA(地域支援型農業)とLOOP(食循環)を掛け合わせた新たな仕組みです。野菜と堆肥の資源循環をおこなうと同時に、消費者と農家、拠点となるカフェなどでの人と人の交流、持続可能な循環する場と営みをつくっていく場所です。
「CSA LOOP」の詳細はこちらから!

CSA LOOPの会員募集などの新情報は随時、Instagram、またはこちらのメディア記事で更新していきます。ご興味ある方はぜひ、フォローしてお待ちいただけると嬉しいです!

CSA LOOPという営み
59POST
読む記事の連載